接触確認アプリを入れ、新しいニュースレターを配布しています

赤坂 難波歯科医院の難波崇です。
今年も半年が過ぎ下半期に入りました。1月には今年がこんなになるなんて予想できませんでした。

先月後半に厚生労働省から「新型コロナウイルス接触確認アプリ」が配布されました。

 

 

 

 

 

多くの方が入れないとあまり意味のないアプリなので私もさっそくインストールしてみました。今のところ大きな不具合もなく使えています( Android10)。

このアプリの性質上常に携帯していることが必要なので、当院のスタッフも音とバイブレーションを消して常時機器を携帯しています。ペースメーカーを使用している患者様は念の為お申し出ください。

また7月に入り新しいニュースレターを配布しています。
今回は水分補給に関する注意点とメインテナンスの時に行っている事をメインに書いてみました。

普段「歯の健康のためにメンテナンスが大事です」と多くの場所で行っていると思いますが、どのような事を行っているのかご存知の方は少ないと思ったので書いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

口の中の細菌を少なくし綺麗な状態を保つことはコロナの感染のリスクを下げるのではないかとも言われています。

 

 

 

1日も早くコロナ騒ぎが収まることを願っています。

カテゴリー: お口と全身の関係, お知らせ, 日常 | タグ: , , | コメントする

梅雨になりました

6月になり関東もつい入りしました。緊急事態宣言が明け第二波が心配ですが徐々に経済活動が戻りつつあります。

2月くらいからのコロナ騒ぎでなかなか来院できなかった受診者の方々も少しずつ戻り始めています。当院では感染防御に気を付けております。

これから夏本番で水分補給が大切になります。が、糖分を多く含むものの摂取は虫歯のリスクをあげるので注意が必要です。


 

 

 

 

 

 

先日、某製薬会社が「お休み前の○○習慣」というキャンペーンを行いました。内容は寝る前にスポーツドリンクを飲もうと言う我々歯科医師や歯科衛生士からすると悪夢のようなものでした。

ネットで話題になり、多くの歯科関係者が反対の意を表明したところ1日でキャンペーンのHPは削除されました。

通常の水分補給は麦茶で十分です。もともと日本人の食塩摂取量は多いのでミネラルの心配をする必要はありません。過度の糖分摂取にお気を付けください。

水分補給を心掛け、腸内環境に注意を払いつつコロナ禍を乗り越えましょう。

カテゴリー: お口と全身の関係, 日常, 歯科に関する話題 | コメントする

6月になりました

赤坂 難波歯科医院の難波崇です。

6月になりました。東京都でも5月末に緊急事態宣言が解除されました。6月から通常出勤になる方も多いと思います。

難波歯科医院では緊急事態宣言解除後も気を抜くことなく、感染防止に努めてまいります。

長らくメインテナンスに来院することができなかった患者様も、様子を見ながら徐々に通常通りにできるといいと思います。

29日に都心上空を飛行したブルーインパルスはビルの屋上からほんの少し見ることができました。見るまでは「うちの場所じゃ見えなそうだし、そんなに士気が上がるかな?」と思っていましたが、実際に観ると思っている以上に感動しました。

以前航空祭で撮ったブルーインパルスの写真を挙げてみます。

カテゴリー: お知らせ, 日常 | コメントする

GWウィークも開け新しいニュースレターを配布しています

赤坂 難波歯科医院の難波崇です。

我慢のゴールデンウィークが終わりました。都内の感染者数は今のところ減少に転じたようです。もう少しですね。

当院では受診者の皆様に安心して治療していただけるように感染予防に努めています。


 

 

 

 

 

 

アポイントの間隔をあけ待合が混まないように配慮しています。
診療が終わる度に診療台の椅子やドアノブ、エレベーターのボタンなどを次亜塩素酸ナトリウム溶液を用いて消毒しています。また空気がこもらないように診療室の換気に努めています。

今のところ歯科では大きなクラスターは発生していません。
滅菌や消毒の体制が昔と比べると格段に良くなっておいます。

 






口の中を綺麗に保つことが感染リスクを下げることにもなりますので、メインテナンスや気になるところがある場合は是非受診をしてください。

ただし熱がある方や新型コロナに罹っているリスクが考えられる場合(濃厚接触者を含む)は受診を先に延ばしていただくことがあります。

5月になり新しいニュースレターも配布しています。3月号でコロナについて取り上げましたが、5月もコロナに関してうがいのことなど書いてみました。


 

 

 

 

 

 

 

コロナで暗いニュースばかりですが、屋上で育てているバラが今年も綺麗に咲きました。マクロレンズを使って撮ってみました。

カテゴリー: お口と全身の関係, お知らせ, 日常, 歯科に関する話題 | タグ: , , | コメントする

雑誌で歯科が取り上げられました

赤坂 難波歯科医院の難波崇です。

緊急事態宣言が出されて約2週間。このまま感染者数が少なくなってくれるとありがたいのですが試されるのはこれからですね。

我々の業界も歯科医師会の会議や講習会も軒並み延期です。
私が所属している顕微鏡歯科学会の大会は中止、5月の歯周病学会も通常の方法で開催は中止、9月のインプラント学会もWeb開催へ。

最近の研究で、ウイルス性肺炎に続いて細菌性肺炎も併発して重症化してしまうことがあることもわかってきました。

そんな中で雑誌のプレジデントから歯科が話題の号が発売されました。(2020年5月15日号)


 

 

 

 

 

 

 

この手の雑誌にありがちな良い記事とトンデモ記事が混在していますが、この時期歯科に注目が集まるのは悪い事ではないと思います。

表紙の「滅菌ハミガキ」の時点でこれは全部信じちゃダメだなと思います。どんなに磨いても細菌を1匹も居ない状態にはできません。

個人的にいいなと思ったものをいくつか抜粋すると。

1.デビ夫人のインタビュー
国際社会で活躍している人から見た、日本人の歯に対する意識の低さを書いてあるのはいいと思いました。海外では「歯はその人のパーソナルその物」と書いてあるのはその通りだと思います。

特にアメリカの方と仕事する際には覚えておいて損はないと思います。

2.老後の後悔ナンバ―1は?
「歯を大事にしなかった事」が老後の後悔ナンバー1という事が紹介されていました。失って初めてわかる歯の大切さ。これがまだ歯を失う前の世代の皆様にも伝わってくれればいいのですが・・・。

3.歯を失うとおいしさを感じなくなる
歯を失った際に起こる様々な不都合がわかり易く書いてあります。健康でおいしく食事を摂るために口の健康に気を付けましょう。

4.唾液の大切さを書いてある
唾液が少なくなると虫歯が増えたり口臭が増えたり様々な問題を引き起こします。唾液の大切さを書いてあったり、酸の強いものの採りすぎに津右位間期をしているところ歯いいと感じます。

最新の治療と書いてあって普及してないものも書いてありますが、普及しないものに貼り湯があるので普及しないので鵜呑みにしないことが大切です。

現在難波歯科医院は時間を短縮して診療しています。またアポイントが極力重ならないようにしながら感染防御に努めています。

来院できない方もその間は良く歯を磨いてセルフケアに努めていただけると幸いです。

カテゴリー: 日常, 歯科に関する話題 | タグ: , , , , , | コメントする