インフルエンザの予防接種

赤坂 難波歯科医院の難波崇です。

気がついたら10月は一度も投稿していませんでした。今年の秋は長雨でちっとも青空が見えません。

急に寒くなったり富士山の初冠雪が去年より20日以上早かったり今年は寒くなり総です。去年滑りに行けなかったスキーヤーとしてはちょっと期待しますが、コロナ禍でスキーの大会が開かれるかは不透明ですね。

寒くなってくるとコロナ流行の再燃や季節性インフルエンザの流行です。すでに65歳以上の方は接種ができ、11月からはすべての方が接種できます。

私も11月になったらインフルエンザの予防接種を受ける予定です。過去に予防接種をしていてもインフルエンザに罹ったことがありますが、熱の上がりが少なく早く症状が治まりました。

予防接種の可否には様々な意見があり、特にネットでは誤った情報が多く拡散されています。副作用のリスクは否定できませんが、デメリットをメリットが大きく上回っていると私は考えています。

また例年書いていますが、お口の中を清潔にすることはインフルエンザの罹患率を下げることがわかっています。
新型コロナについてはまだ要検証ですが、口の中を綺麗にしていて悪いことは全くありません。ただイソジンでうがいだけするより歯磨きと舌ブラシをした方がはるかに効果的です。

EPSON MFP image

 

 

 

 

 

 

またマスクを推奨します。よく「ウイルスはマスクの目より小さいから意味がない」ような意見を聞きますが・・・人の呼気から排出されるウイルスなどは水に包まれていて瘤痙が大きくなっているので当てはまりません。また東大の研究でやはりマスクは有効との結果が明示されました

まだまだ続きそうですが、皆でこの困難を乗り越えていきましょう。

カテゴリー: お口と全身の関係, お知らせ, 日常, 歯科に関する話題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA