抗原検査をしてみました

赤坂 難波歯科医院の難波崇です。

「寒さ暑さも彼岸まで」と言う通り急に涼しくなってきました。昨年は台風が千葉を中心に大きな被害が出ましたが、今年は被害が少なくあって歩惜しいものです。

先日、近所の先生が新型コロナウイルスの抗原テストのキットを購入したので試しにやってみますかと連絡をくれました。

抗原は抗体を作るための物質で、体の免疫システムが異物を認識をする時に標的になるものです。

抗体は体に侵入してきた異物(抗原)に対抗する物質として作られるもので、抗体検査で陽性の場合は過去に罹ったことがあることがわかります(抗体が作られていれば)。

抗原検査は「今うつす可能性があるか」を調べる検査になります。

長いスティックを口から入れて喉の奥の咽頭壁から資料を撮ってきます。取られると結構喉がイガイガします。私もやってみましたが口から採取するのは歯科医師だと診慣れた部分なので比較的容易ですね。

採ってきた資料をキットで処理すると5分もかからずに結果が出ます。

結果は院長、私共に陰性でした。
Cの部分にラインがあるのはControl(コントロール)で、ここにラインが出ない場合は撮った資料に問題ありです。

Tのラインがtest(テスト)で、ここにラインが出ると「抗原検査が陽性」となります。

今回は2名ともTにラインが出なかったのでこの時点では陰性でした。とりあえず一安心でした。

新型コロナウイルスによる医療機関の受信控えが長くなり、様々なところで問題が起こっています。

当院でも虫歯が発生したり、歯茎が腫れるトラブルがぽつぽつと出始めています。当院はじめしか医療機関は滅菌消毒を徹底していますので安心して受診していただけます。

カテゴリー: お知らせ, 日常, 歯科に関する話題 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA