赤坂見附駅より徒歩3分。赤坂で歯周病専門医の居る難波歯科医院です。

一般歯科

根の治療(根管治療)   コンポジットレジン   詰め物(インレー)   被せ物(クラウン)

根の治療

神経(歯髄)を抜くと、痛みを感じないため知らない間にむし歯が進行したり、歯が割れる可能性が高くなるので 出来る限り神経を抜かないことが大切です。

しかし、「むし歯の細菌が神経に達している場合」、「過去に神経の処置をしたが、残った細菌や再び入った細菌が根の先に病気を作った場合」、 「痛みや腫れが長続きしている場合」、「被せ物をする必要上神経を抜かなければならない場合」等には神経を抜いて根の治療を行います。

根管治療とは、根の中の細菌が悪さをしないように綺麗に掃除をし、その後再び細菌感染しないように 封鎖をする治療です。 出来るだけ中を綺麗にし、きっちりと詰め物をしていきますが、根の中は複雑(根管の複雑性)なので完全に綺麗にすることが難しく、 根管処置の成功率が100%とならない要因となっています。

近年、歯科用顕微鏡を使用することにより細かいところまで観察でき、根の治療の成功率が高くなっています。

当院では複雑な根の治療をする際に、拡大鏡や歯科用顕微鏡を用いて治療をしております。 顕微鏡を用いた根の治療は通常の根の治療より時間や回数が掛かることがあります。 (顕微鏡で治療を行ってもすべての症例で治るわけではありません。また神経を抜いた歯は、抜いていない歯と比較すると 噛んだときの違和感が出る可能性があります。)

根の中の感染のため、再根管治療を行った例

根の中に開いた穴を埋めて、残っていた器具を除去した例

コンポジットレジン

コンポジットレジンは、小さな虫歯の埋めるのに使う方法です。むし歯の範囲だけを削り、 削った部分に光で固まる樹脂を詰めて治療していきます。

何色かのレジンを組み合わせるとかなり綺麗に詰めることができます(多色盛はそれに応じた材料を使うので自費になります)。 しかし奥歯の噛む面に使った場合は磨耗が心配です。また喫煙される方は早期に変色してきます。

使う部位によっては長期間の耐久性でやや劣ります。耐久性や耐変色性を求める場合は 高カラットの(金合金を多く含む)金属かポーセレン(セラミック)で治療する方がいい場合もあります。

お気軽にお問い合わせ下さい TEL 03-3583-3143 土日・祝日は休診です

PAGETOP
Copyright © 難波歯科医院 All Rights Reserved.